展覧会のご案内
〜清里北澤美術館企画〜
現代ガラス 光の造形展
2006年7月20日(木)〜2006年11月26日(日)                  清里 北澤美術館

20世紀初頭に流行した装飾美術の革新運動(ア一ル・ヌーヴォー)において、幾多の名作を世に送り出した工ミール・ガレやドーム兄弟は、ガラスという素材が持つ表現領域を大幅に拡充し、工芸を芸術の域にまで引き上げる偉大な貢献をしました。彼らの活躍から刺激を受けたルネ・ラリックも、ジュエリーデザイナーとしての活動から身を引き、ガラス作家へと転進し、ガレの衣鉢を継ぐかたちで20世紀前半のガラス工芸界をリードしてゆく存在となっていきます。

□詳細はこちらをご覧ください→ ◆詳細PDFファイル


pagetop