ドーム兄弟
ドーム兄弟
フランス東部のナンシーでガラス工場を経営していたジャン・ドームの息子で、兄オーギュスト・ドーム(1853〜1909)弟アントナン・ドーム(1864〜1930)。兄はパリ大学で法律を学び、弟はエコール・サントラルで技師の資格を得た。その後、兄は1878年に、弟は87年に父の工場のガラス製造事業に参加。1889年パリ万国博覧会でのガレの成功に触発され、1891年、ドーム工場でも美術工芸品としてのガラス生産が開始された。ガラス工芸家や美術家など優秀なスタッフを採用し、水準の高いガラス製品を多数市場に送り出した。ヴィトリフィカッシオンと呼ばれる粉末色ガラスを素地に付着させる技法や、透明ガラス層の間に色ガラスを挟み込み彫刻を施すアンテルカレールを得意とした。1900年、パリ万国博覧会出品、ガラス部門でグランプリを獲得。アール・ヌーヴォーを代表する工房のひとつとなる。その後ドーム社は今日に至るまで時代の流行に対応し、操業を続けている。
close