ホーム 最新情報
美術館について アクセス お問合せ
終了いたしました
佐藤透 コア・ガラスの世界
-響き合う色彩と文様 コア・ガラスの雅-
※クリックで拡大▼
Highslide JS Highslide JS
■ 主  催: 公益財団法人 北澤美術館
■ 協  賛: 株式会社 キッツ

株式会社キッツは社会貢献活動の一環として公益財団法人北澤美術館を支援しています。


会場
北澤美術館 1F 多目的ギャラリー
開催日程
2015年8月25日(火)〜2015年10月18日(日)
開館時間
9:00〜18:00(9月末まで)
9:00〜17:00(10月)
*会期中無休 ご入館受付は閉館時間の30分前まで
入場料
大人1000円  中学生500円 小学生以下無料
※団体(8名様以上)料金は、上記入館料より100円引

※「ルネ・ラリック展」、「北澤コレクション日本画名品展」もあわせてご覧いただけます。

交通案内
詳細はこちらから
住所
〒392-0027 長野県諏訪市湖岸通り1−13−28
電話
0266-58-6000
駐車場
バス10台・乗用車50台
概要
 1960年神奈川県に生まれた佐藤透さんは、横浜市立大学文理学部を卒業後、東京ガラス工芸研究所にてガラス制作を学ぶ中で、コア・ガラスに出会いました。現在は千葉県大網白里市に工房を構え、繊細で軽やかな独自のコア・ガラスを作り続けています。
 コア技法は、紀元前16世紀のメソポタミアで始まりました。耐火性のコア(芯)の周りにガラス棒を熔かしながら巻き付け成形し、ガラスパーツで装飾を施し、徐冷後に芯を抜き取るものです。吹きガラスの発明後に途絶えたこの技法を、佐藤さんは試行錯誤の末に体得し、古代のコア・ガラスとはひと味違う創作世界を築き上げました。
 佐藤作品では、光を柔らかく受け止める艶消しされた薄手の素地に、小動物や草花の文様がリズミカルに配されています。ガラス棒からわずか数ミリのパーツを作り素地に熔かし付ける丹念な手作業や、色と文様をバランス良く重ね合わせるセンス、そして炎の上で芯をコントロールする熟練した技術は、作家が大きな関心を寄せる日本の伝統工芸の真髄にもつながるものです。
 本展では、色彩豊かな香水瓶、杯、蓋物など最近作約60点を展示します。コア・ガラスの表現領域を開拓し続ける作家による、新たな美の世界をご覧ください。
作家によるギャラリートーク
日時:9月21日(月/祝)14:00−14:30
場所:多目的ギャラリー
聴講自由(要入館料)
〒392-0027 長野県諏訪市湖岸通り1-13-28 TEL:0266-58-6000 FAX:0266-58-6008
1-13-28 Kogandori,Suwa-shi,Nagano-ken,392-0027,Japan
株式会社キッツは、社会貢献活動の一環として公益財団法人北澤美術館を支援しています
Copyright © KITAZAWA MUSEUM OF ART. All Rights Reserved.since 2002